スポンサードリンク

日記カテゴリの記事一覧

肝臓お助け情報

肝臓は沈黙の臓器といわれ、相当悪くならないと症状にあらわれることはありません。

しかし、ちょっとした体の変化をとらえることによって肝臓の調子を正常に保つことができます。

一般に肝臓の働きが悪くなると朝目覚めが悪い、酒に弱くなる、疲れが取れにくい、にきび・吹き出物・肌荒れが起こる、二日酔いしやすくなったなどの症状が出てきます。気になる症状があったら病院で検査してもらってもいいかもしれません。また、黄疸症状はかなり肝臓が弱っている証拠ですので早めに病院にいくことをおすすめします。

肝臓の回復によい方法は何と「ぐ〜たらな」生活をするといいそうです。肉類などおいしいものを食べ1日中ごろごろとするのがいいそうです。普通は安静といいますが…。

そうもぐ〜たらな生活をすることはできないので、何か肝臓によいものを食べたりするのもいいでしょう。当たり前ですが、お酒は肝臓に悪いです。お酒の好きな方は必ず適度な休肝日を設けるようにしましょう!

肝臓にはウコンやシジミがいいそうです。サプリメントはオルニチンもいいそうです。

シジミにはタウリンが含まれタウリンは過酸化脂質の生成を抑えてくれます。

ウコンは春ウコンと秋ウコンがありそれぞれ春ウコンは、肝炎、胆管炎、高脂血症、利尿、健胃、糖尿病、眼底出血、二日酔い、結膜炎、肝臓病に、秋ウコンは、肝臓病、カタル性黄疸、利尿、吐血、高血圧症、芳香健胃、胆石症によいといわれています。

それぞれを組み合わせて摂取するとよかったという人もいますよ。


ネフローゼ症候群とは